アルトコイン取引所おすすめ&買い方【初心者かわら版】

アルトコインとは?おすすめの取引所は?そもそも買い方って?仮装通貨、ビットコインも知らない超初心者のアルトコインって何?ブログです。

アルトコイン、オルトコインのおすすめ取引所、利用方法、ビットコインも含めた取引&売り買いの初心者ブログです。

おすすめアルトコイン取扱い取引所と販売所は?

おすすめアルトコイン 、と言いますか、個人的にモナコイン、今度できたビットコインゴールドは気に入っていますが、その他のものももう少し掘り下げて理解しようと、試みています。

 

ビットバンクビットフライヤー、そして先程本人確認書類をアップロードして新規口座開設待ちのコインチェックで取り扱っているアルトコインからピックアップしています。

 

2017年10月29日時点の情報です。

 

時価総額はビットコインがダントツ、そして2位のイーサリアムから順に時価総額の多い順に並べて書いています。

 

 

イーサリアム(ETH)

f:id:keith555:20171027184709p:plain

イーサリアムは仮想通貨の中でビットコインの次でナンバーツーと呼ばれているそうです。

ビットコインよりも後に登場したアルトコインなので、ビットコインよりも優れた部分のある仮想通貨。

スマートコントラクト(賢い契約、という意味)という機能がビットコインよりも優れた部分。

スマートコントラクトを用いたイーサリアムは、取引をしましたという情報に加えて「契約(約束事)」もプラスして書き込んでいくことができます。

この機能は一括管理による合意や契約なしに、ネットワーク参加者個々の間で契約ができる、という可能性を秘めており、実用化汎用化された時に価値が上がる、という意見があります。

 

イーサリアムETHを売買、取引できる取引所

  • ビットバンク:ビットコインで板取引、売買可能。ETH/BTC
  • ビットフライヤー:円でビットフライヤー提示価格で売買(販売所)
  • コインチェック:円でもBTCでも売買可能。 

 

リップル(XRP)

f:id:keith555:20171028214432p:plain

リップルは仮想通貨ではなく、システムの名前で、多くの銀行がリップルという送金システムを利用しており、日本でもリップルが導入されつつあるそうです。

これが理由なのか2017年になってからリップルコインの需要が急激に高まり、ずっと値上がりしています。

リップルはドルから円に交換する際の手数料や手間をかけず、スムーズに取引をすることができるシステム、との事。

又ライトコイン同様にマイニングにかかる時間が短縮されており、アルトコインとして、ビットコインより改良された特徴をもっています。

 

リップルを売買、取引できる取引所

  • ビットバンク:円で板取引、売買可能。XRP/JPY
  • ビットフライヤー:取扱いなし
  • コインチェック:円でもBTCでも売買可能。

 

f:id:keith555:20171029101120p:plain

 

ビットコインキャッシュ(BCC)

 ビットコインキャッシュは、2017年8月1日、ビットコインからハードフォークによって分裂してできた新しい仮想通貨、アルトコインの事です。

 

ビットコインは2つに分裂してもどちらががなくなるので数が2倍になる事はなかったのですが、2つとも存続するのがハードフォークという事です。

 

分裂時にビットコインを持っていた方はその同じ数だけ新しくできたビットコインキャッシュが付与されて、それに価値(価格)がつきました。

 

その分利益がでた、という事らしいです。

 

そして今では時価総額で5位以内、とかとても存在感のあるアルトコインになっています。

 

先日10月24日に新たにハードフォークで分裂してビットコインゴールドができましたが、その影響か何だかわかりませんがビットコインキャッシュの価格も上がっているようです。

 

以下は10月29日のビットフライヤーでのビットコインキャッシュの画面です。

 

f:id:keith555:20171029102550p:plain

 

ビットコインキャッシュ(BCC)を売買、取引できる取引所

  • ビットバンク:円、BTCで板取引、売買可能。
  • ビットフライヤー:円でビットフライヤー提示価格で売買(販売所)
  • コインチェック:円でもBTCでも売買可能。

 

ライトコイン(LTC)

f:id:keith555:20171028200823p:plain

2011年に誕生したアルトコイン、ライトコインはビットコインの「ブロックチェーンへの承認(マイニング)」に時間がかかることを解決しました。

このことでより多くの取引に対してもスムーズに行うことができるようになった、との事です。

又ライトコインはビットコインのマイニングよりも簡単になり、特別なシステムを備えたパソコンでなくても、一般的なコンピュータでマイニングができるという事で、より開発しやすくなった、という事ですね。

ビットコインなら2,100万コインが上限、それに対しライトコインの場合は上限枚数が8,400万ライトコインです。

上限に近づくに従って、発行されずらくなりまするので、その点でもライトコインの方が有利ですね。

数が多く流通しやすいマイニングされやすい、というメリットでによる価値は高いのですが、その逆、希少価値がなくなる、という面もあります。

 

ライトコインを売買、取引できる取引所

  • ビットバンク:ビットコインで板取引、売買可能。LTC/BTC
  • ビットフライヤー:円でビットフライヤー提示価格で売買(販売所)
  • コインチェック:円でもBTCでも売買可能。

 

 

f:id:keith555:20171029103456p:plain

 

ダッシュ(DASH)

ダッシュは仮想通貨の中でも、匿名性が高い、という特徴があります。

ダッシュ決済では誰が誰に売って、誰が買ったのか?という事が分からない・・・これがビットコインにはない、アルトコインとしてのダッシュの特徴です。

ビットコインは決済までの時間がかかってましたが、ダッシュは即時取引が可能、ライトコインよりも早い、との事です。

 

ダッシュを売買、取引できる取引所

  • ビットバンク:取扱いなし
  • ビットフライヤー:取扱いなし
  • コインチェック:円でもBTCでも売買可能。 

 

ネム(XEM)

ネムは、2015年3月から使われている仮想通貨で、最大の特徴は「PoI(Proof-of-Importance)」という仕組み、との事です。

PoI(重要性の証明)はネムをたくさん利用している人が優先的に恩恵を受けられるようにする仕組みです。

一方、ビットコインのマイニング(採掘)は、システムや計算能力がある人が優先されます。

ネムは能力に関係なく、純粋にネムをたくさん利用している人が優先され、この事が価値を高めている、といえます。

また、ビットコインやほかの仮想通貨のようにネムはマイニング(採掘)をして新たにコインを発行されることはありません。

つまり現在の枚数が他の通貨で言うところの発行上限枚数で、既に発行上限枚数に達している、という事になります。

ネムはほかの仮想通貨にはないセキュリティーの高さで価値を高めています。

開発者のなかには日本人もいた、とのことです。

ネムはコインチェック以外では「Zaif」で取扱いがあります。

 

ネムを売買、取引できる取引所

  • ビットバンク:取扱いなし
  • ビットフライヤー:取扱いなし
  • コインチェック:円でもBTCでも売買可能。 

 

f:id:keith555:20171029103546p:plain

 

MONEROモネロ(XMR)

 MONERO(モネロ)は、2014年に使われ始めて日本では2016年9月に取り扱いが開始されました。

 

時価総額は10位以内と上位のライトコインです。

 

発行上限はビットコインより少ない、ビットコインよりも匿名性が高いetcが需要が高く価値が上がってきました。

 

秘密鍵が閲覧用と送金用の2種類あるのも特徴です。

 

この鍵によって自分から外部に取引の履歴を公開することもできる、との事です。

 

モネロを売買、取引できる取引所

  • ビットバンク:取扱いなし
  • ビットフライヤー:取扱いなし
  • コインチェック:円でもBTCでも売買可能。 

 

イーサリアムクラシック

 イーサリアムが、2016年にハードフォークによって分裂してイーサリアムクラシックができました。

このふたつはほぼ同じ特徴ですが、保有するユーザー数や流通量は後からできたイーサリアムクラシックの方が少ないです。

そして価格は、イーサリアムクラシックはイーサリアムに影響を受けやすいということ、でした。

 

イーサリアムクラシックを売買、取引できる取引所

  • ビットバンク:取り扱いなし
  • ビットフライヤー:円でビットフライヤー提示価格で売買(販売所)
  • コインチェック:円でもBTCでも取引、売買可能。

 

f:id:keith555:20171029103635p:plain

ジーキャッシュZcash(ZEC)

 

Zcashジーキャッシュは、2016年10月28日に登場しました。

取引追跡ができない完璧なプライバシー保護を謳う仮想通貨で、Bitcoinのセキュリティ強化版、と言われています。

 

ジーキャッシュを売買、取引できる取引所

  • ビットバンク:取り扱いなし
  • ビットフライヤー:取扱いなし
  • コインチェック:円でもBTCでも取引、売買可能。

 

リスク(LSK)

リスク(Lisk)は、イーサリアム同様の「スマートコントラクト(賢い契約)」を利用することができます。

 

リスクはイーサリアムと違ってサイドチェーンという、ブロックチェーンと違う特徴を持っています。

 

サイドチェーンはメインとなるブロックチェーンとは別のところにブロックチェーンを用意します。

 

そこで情報を書き込む、つまりリスクはメインとなるブロックチェーンにスマートコントラクトの情報を書き込まないので、トラブルが起こった時は開発者が対応する事ができる、との事です。

 

次に発行上限枚数がビットコインが2,100万枚なのに対し、リスクは無限、との事です。

 

又「マイニング(採掘)」をするのではなく、リスクの場合は「フォージング(鋳造)」という形をとる、との事です。

 

 

リスクを売買、取引できる取引所

  • ビットバンク:取り扱いなし
  • ビットフライヤー:取扱いなし
  • コインチェック:円でもBTCでも取引、売買可能。

 

f:id:keith555:20171029105243p:plain

 

 

オーガー(REP)

 オーガー(augur)はギャンブルの特徴を持った仮想通貨。

未来の事を予測して、オーガーは賭け金を預かり、結果がわかったあとに自動で配当までしてくれる、との事。

 

オーガーを売買、取引できる取引所

  • ビットバンク:取り扱いなし
  • ビットフライヤー:取扱いなし
  • コインチェック:円でもBTCでも売買可能。

 

モナコイン(MONA)

 モナコインは初めての純国産仮想通貨、アルトコインで、ライトコインと同じくビットコインに比べて処理速度が上がっています。

 

公開された当初は知名度も価値も低かったので、「採掘をするゲーム」「掲示板でユーザーがお互いにあげるチップ」として使われてた、との事。

 

又SegWit(セグウィット)、という「多数の送金処理ができるシステム」を採用する世界初の仮想通貨です。

 

世界中でもっと認知される可能性のある、価値が上がる可能性を秘めている、と個人的には思っています。

 

モナコイン(MOMA)を売買、取引できる取引所

  • ビットバンク:円、BTCで板取引、売買可能。
  • ビットフライヤー:円でビットフライヤー提示価格で売買(販売所)
  • コインチェック:取扱いなし

 

 

ファクトム(FCT)

ファクトムは、厳密にいえば仮想通貨ではなくシステムのことです。

 

ファクトム、というシステムで使われる仮想通貨が「Factoid」と呼ばれるものです。

 

イーサリアム同様、ビットコインの特徴に加えて「記録の保存」という特徴があります。

 

ファクトムのこのシステムは公的な書類の手続きなどで応用できると期待されています。


今後ファクトムの技術が世界中のさまざまなところで利用される、それに伴って通貨「factoid」の価値も上がる、と期待されています。

 

ファクトムを売買、取引できる取引所

  • ビットバンク:取扱いなし
  • ビットフライヤー:取扱いなし
  • コインチェック:円でもBTCでも売買可能。

 


 

ビットフライヤー、アルトコイン取引所

  

>>ビットフライヤー口座開設はこちらのリンク集から

 


 

ビットバンクは、平成29年9月29日、仮想通貨交換業の登録を完了し、その記念でbitbank.ccで取り扱う全通貨ペアの取引手数料がテイカー/メイカー共に完全無料キャンペーン中です。

キャンペーン期間は 2017/10/16 10:00~2018/01/09 10:00 との事です。

 

>>ビットバンク新規口座開設はこちらのリンク集から

 

ビットバンク初心者、使い方、評判


>>ビットバンク簡単口座開設の流れはこちら

 


 

f:id:keith555:20171027184553p:plain

 

>>コインチェック口座開設はこちらのリンク集から

 

 

 

アルトコインおすすめ取引所初心者かわら版-Top