アルトコイン取引所おすすめ&買い方【初心者かわら版】

アルトコインとは?おすすめの取引所は?そもそも買い方って?仮装通貨、ビットコインも知らない超初心者のアルトコインって何?ブログです。

アルトコイン、オルトコインのおすすめ取引所、利用方法、ビットコインも含めた取引&売り買いの初心者かわら版です。

アルトコインの特徴

アルトコインの特徴について、以下のサイトでお世話になって、先に書いた時より少し深堀りして書いてみました。 

出典参考はこちら

アルトコイン取引所特徴おすすめ

アルトコインの特徴

一般的な話として、ビットコインの価格に比べ、アルトコインは価格が安くなっています。

ビットコインの改良版で高機能とはいえ、どれだけの人が知っているのか?といいますと断然少ない・・・つまり買いたい人も少ない、結果価格も低い、という事になりす。

 

同時に、買いたい人が少ない、という事は流動性が小さくなり、自由に売買できないことが多くなります。

 

そして流動性が小さいと取引所は多くありません。

 

取引する人が少ないので、当たり前、といえば当たり前です。

 

取引所は売買手数料を得る事が目的ですので、流動性が小さいアルトコインを扱う動機が湧いてきません。

 

ですので、アルトコインの取引所は少ない、のが現状です。

 

アルトコインライトコインリップル板取引ができるビットバンクは金融庁に登録された事もあり、注目されています。

 

アルトコイン取引所特徴おすすめ

アルトコインへの投資

流動性が小さいということなので、短期間での価格変動は期待できそうにもありません。

又株式市場のように売る相手が沢山いる訳ではなく、短期間で売買するようなものではない、との事です。

 

そこで、上記引用元では下記のように書いてあります。

・・・そこで、ひとたび買ったら、長期間持ち続けることが基本戦略となるでしょう。長期間持ち続けて、価格が数倍~10倍以上に跳ね上がるのを待つのです。

 

短期での売買には向いていない・・・でも実際はそうでもない場合もあるようです。

 

下記は本日のモナアルトコインの一種です)のビットバンクの画面です。

 

f:id:keith555:20171013105822p:plain

 

見にくくて、そしてスマホの方はもっと見にくくてすいません。

これは過去5日間のモナと円に対するチャートです。

 

80円が410円に・・・どんだけ上がってるの?という感じですが、こういうのもたまにあるようですが、5日前に換えて今売っている人もいるでしょうね。

 

しかし引用にも書かれていますが、下記の通リです。

 

ただし、仮想通貨の世界で「長期」という場合、株式投資とはかなり様相が異なるかもしれません。株式投資の場合、長期と言えば少なくとも1年以上、長ければ10年以上という場合もあるでしょう。

しかし、仮想通貨の場合、1年間は「超長期」になるかもしれません。

 

という事で、引用ではネム(NEM)というアルトコインのチャートで説明されています。

 

まあ、少額からビットコイン、アルトコインで預金をしてみよう!とビットバンクに口座を作って、本人確認書類が来るのを待っている状況です。

 

f:id:keith555:20171007193204p:plain

 

ビットバンクは、平成29年9月29日、仮想通貨交換業の登録を完了し、その記念でbitbank.ccで取り扱う全通貨ペアの取引手数料がテイカー/メイカー共に完全無料キャンペーン中です。

キャンペーン期間は 2017/10/16 10:00~2018/01/09 10:00 との事です。

 

>>ビットバンク新規口座開設はこちら

 

 

>>ビットバンク簡単口座開設の流れはこちら

 

アルトコインへの投資2

f:id:keith555:20171013114039p:plain

引用で紹介しているNEMやモナはアルトコインの中では一部のコインで、どれが上昇するのか?は誰も分かりません、

 

という事でもここでもアルトコインのリスク分散、数種類持っておく、というのが良い、との事です。

 

納得です。

 

アルトコインへの貸し付けて利息で?

仮想通貨価格が上昇による利益はやはり水物です。

そこで銀行預金と同じように貸し付け(預金)する事で利息をもらう、という投資もある、と説明されています。

 

coincheckというアルトコイン取引所には「定期預入サービス」というものがある、との事です。

 

f:id:keith555:20171013114439p:plain